物言わぬ車とたった一人で戦う男の毎日
萌える自動車修理屋さんの日常の出来事
プロフィール

かーぼさん

Author:かーぼさん
FC2ブログへようこそ!仕事に趣味に日々の出来事を紹介して行きたいです。


アクセスカウンター


Flashカレンダー


フリーエリア

おすすめ


おすすめPCオンラインゲーム


おすすめ車関係の情報はここ

オートバックスドットコム


ブログ内検索

検索したい語句を入力して[検索]をクリックしてね!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード


リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本最弱キャンピングカー、パワーアップ計画その④

    あなたと合体したい!! 

            IMG_0001_20071228024015.jpg    IMG_0002_20071228024046.jpg

今回、いよいよタービンの取り付けです。

でも最初から問題発生です。

エキゾーストマニーホールドを付けた状態ではエンジンル-ムに入らない!!

タウンエースに比べるとライトエースの車体がひと回り小さい。

仕方が無いのでタービンとマニーをバラバラにしてエンジンルームに入れて中で組み付ける、しかし狭くてギリギリのクリアランスなのでまさに知恵の輪状態。

道具が入らない、早くも心が折れそうになる

そしてなんとか取り付ける。

             IMG_0003_20071228025215.jpg    IMG_0004_20071228025249.jpg 
 
そして前回問題になったタービンへのオイル取り出し口の対策は、ダイナモのバキュウムポンプへのオイル取り出し口から取り出すことにする。

しかしこんな特殊なオイル取り出しボルトはなかなか無いだろうと考えていた、でも何処かで見たことあるけど何処で見たか思い出せない。

そこで私の工場の隣の工場の社長に聞きに行くとバイクのフロントブレーキのブレーキホースの取り付けボルトで合うんじゃないかとのアドバイスを頂いた。

しかもそのボルトを持っているとの事、取り付けてみるとなんとジャストフィット、スバラシイ!!

  IMG_0005_20071228030846.jpg  IMG_0006_20071228030908.jpg  IMG_0007_20071228030933.jpg  IMG_0008_20071228031000.jpg 

タービン側のめどがついたのでインテーク側の部品の取り付けをしていく。

インテークマニーに溜まったカーボンスラッジをマイナスドライバーなどで落として後はシンナーとパーツクリーナーで洗浄します。  

     IMG_0009_20071228031601.jpg     IMG_0010_20071228031627.jpg    IMG_0011_20071228031652.jpg   

上、洗浄されてピカピカになったインテークマニー。

  IMG_0012_20071228032151.jpg  IMG_0013_20071228032221.jpg  IMG_0014_20071228032300.jpg  IMG_0015_20071228032340.jpg

フロント側の部品を外します。

クランクプーリー、ウオーターポンプ、タイミングベルト、噴射ポンプ、インテークマニー、サーモスタットを外します 。

                        IMG_0016_20071228032842.jpg

上、左ノンターボの噴射ポンプ、右ターボ用の噴射ポンプ、ターボ用は上にブーストコンペセンターシャフトのダイヤフラムが付いている。

ここでブーストがかかった時に燃料を増量させる。  

                        IMG_0017_20071228033556.jpg

インテークマニーと噴射ポンプを取り付ける。

ポンプ側はトラブルも無く組み付けが進む。 

        IMG_0018_20071228033949.jpg    IMG_0020_20071228034025.jpg    IMG_0021_20071228034052.jpg

車体側のオイルパンを外す。

液体パッキンでがっちり付いてるのでなかなか外れない。

 一時間以上格闘する。

部品取りエンジン側はガストーチで焼いて外す、なんと約10分ほどで外れる。

ターボ用オイルパンにはタービンからのオイルの戻し口がある。

                  IMG_0024_20071228034900.jpg     IMG_0025_20071228034941.jpg

左、ノンターボ用、右、ターボ用。

ここで問題発生、ターボとノンターボでは配線の数がちがう、ダイナモの後ろにギリギリにインテークパイプが通ってるからノンターボ用はカプラーが刺せない。

ターボ用はカプラーが上に逃がしている。

そのため配線で中間ケーブルを作る、これでノンターボ用が使える。 

                          IMG_0026_20071228035700.jpg

マフラーの形状も違うので切って組み合わせます。

                          IMG_0027_20071228035855.jpg

そして水、エンジンオイルを入れてエンジン始動です。

何も問題なくエンジンは始動できた。 

                  IMG_0028_20071228054314.jpg    IMG_0031_20071228054351.jpg

ブローバイガスは、エンジンに戻さずオイルキャッチタンクに受けさせる。

                         IMG_0029_20071228054718.jpg

エンジンフード、シートなど取り付けて作業終了です、後は試運転です。

次回は試運転の巻きです


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村 車ブログへ



スポンサーサイト

テーマ:キャンピングカー - ジャンル:車・バイク

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://carbody.blog20.fc2.com/tb.php/19-5d066f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。